保育士の志望動機が難しい!?ポイントを押さえれば志望動機の欄も怖くない

保育士の志望動機が難しい!?ポイントを押さえれば志望動機の欄も怖くない

保育士として転職する場合には、まず履歴書を保育園に送付することから始まります。

履歴書には、自分の学歴や経歴から保有している資格まで細かく記入する所があり、その履歴書の中でも特に書く事が難しいのが、志望動機です。

志望動機は履歴書の中でも特に注目している保育園が多く、どの程度自分の保育園へ就職や転職をしたいという熱意がわかる項目になります。

今回は、保育士へ転職や就職を希望している方に、志望動機の書き方を順を追って説明すると共に、注意しておきたいポイントまで詳しく解説します。

まずは自分がなぜこの園が良いかを明白にしよう

履歴書を書く時に、志望動機を迷う方はとても多くいます。大きな欄になっているので、ある程度の文章能力や志望する理由がないと、志望動機の項目を埋めることが難しくなります。また、重要な項目になっていることは明らかですので、中々簡単に手を付けることが出来ないという悩みも多いでしょう。

志望動機とは言葉の通り、この保育園を志望する動機(理由)という意味になります。ですので、志望動機とは簡単に言うと『なぜ自分がこの保育園で働きたいかという理由』を書く項目です。しかし、この志望動機を言葉にするのが中々難しいもの。

ですが、ポイントを押さえ順を追って言葉を整理していくと、意外と簡単に書くことが出来ます。

まず、最初に自分が働きたいと思った理由を考えてみましょう。もちろん、すぐに履歴書に清書する訳ではないので、紙に理由を羅列してくのでOKです。

保育園の保育方針から理念に共感した、下見に言った時に保育士のチームワークが素晴らしかったという保育に関することはもちろんのこと、家から近い、福利厚生が整っているなどの理由も書き出してみましょう。そうすることで、自分の中で受験する保育園のどこに惹かれたのかが明白になってきます。

書き出した理由の中で、保育内容にスポットを当てて保育園の理念や方針を確認していきましょう。多くの方は働きたい保育園を決める時には、保育方針や保育園が大切にしている内容が、自分も共感出来るという事が大きな理由になりますので、保育園の保育方針などはしっかりと確認して自分も保育園の理念や方針に共感し、働きたいという思いを文章にしましょう。

保育園の理念や方針は、ホームページにも表記されていますが、実際に保育園に見学へ言った時に説明されることが多いので、しっかりとメモしておくと志望動機の時にも役立ちます。保育方針が自分の目指している理想の保育と、合致していることは大きなプラスになりますし、志望動機は面接でも聞かれることが多いので、履歴書を書く時から特徴などを捉えておくことが大切です。

また、家が近いからといった理由を直接的に理由にすることは出来ませんが、『家が近いために、子供の元気な声や保育士の明るい表情に以前から魅力を感じていた』と第3者の目線の時から、印象が良かったと伝えることは好印象を持たれやすいです。周りからも良い印象であったために、見学へ来たら保育方針等が自分の求めている保育と同じだった、と文章へ発展することが出来ます。

自分のセールスポイントを含めて書く

志望動機では、自分が働きたい保育園の保育理念などが自分の目指す保育と同じということをメインに文章を組み立てて行きますが、そこへ自分のセールスポイントも少し組み込んで行くと、さらに文章としてまとまりが出てきます。その上、自己PRもすることが出来るので、保育園側から良い印象を持たれやすくなります。ピアノが初見で弾ける、歌や踊りが得意といった直接保育に活かせるものはポイントアップになりますが、体力に自信がある、学生時代から無遅刻無欠席だったなどもセールスポイントになるので、文章に入れていくと良いでしょう。しかし、セールスポイントは沢山入れてしまうと志望動機とは離れてしまいますので、志望動機の文章へセールスポイントを入れるのは1つか2つ程度にしておくのがおすすめです。

保育士から保育士への場合の転職であれば、実際に持っていたクラスの経歴に合わせて志望動機も書くことが出来ますし、異職種の場合であっても前職での内容が保育へ結びつけられるのであれば、志望動機に加えて書くのも良いでしょう。

単に志望動機のみを書くのではなく、自分にはこんな特技やセールスポイントがあるために、保育の即戦力になることが出来ると伝えることが大切です。

未経験の場合には前職での功績などをプラスすると◎

先程も軽く紹介しましたが、保育士が未経験であったとしても前職での功績や、自分が得意としたことをプラスして書くこともおすすめです。

接客業であったためにコミュニケーション能力に長けている、事務業であったために事前準備などを怠ることはないといったように志望動機に加えることも良いでしょう。

転職の場合、保育園側としてはなぜ仕事を辞めてまで保育士になりたいかという理由を知りたい思いと、また転職してしまうのではないかという不安を持ちながら就職試験を行います。履歴書の時点でしっかりと保育に対する熱意や、前職で培った能力があるということを保育園側に知ってもらうことは、プラスイメージになります。

志望動機を書く時に守るべきポイントや注意点3点!

志望動機を書く時には、まず自分がどうして働きたいかという理由を書き、そこへ自分のセールスポイントや前職での経験を保育に活かすことが出来るという文章をプラスしていくと志望動機はまとまりやすくなります。

志望動機を書く時には、守るべきポイントや注意点がありますので、それをきちんと守って文章を組み立て成書するようにしましょう。

では、志望動機を書く時のポイントと注意点を紹介します。

 

【①:嘘や誇張しすぎるのはNG】

意外に多いのが、志望動機に嘘の理由や誇張しすぎる理由を書くことです。保育園を褒めちぎるだけでは、志望動機にはなりません。必ず自分の意見や思い、理想の保育内容などと合わせて保育園の保育理念を書くことが大切です。自分は思っていないけれどホームページなどから、保育理念をピックアップして志望動機に書いてしまうと、面接の時に一歩踏み込んだ質問をされた時に答えることが出来ず、矛盾した答えを言ってしまう可能性もあります。

目標とする保育が同じで共感していることが志望動機の場合には、面接の時に詳しく説明を迫られても答えられるようにしておきましょう。

 

【②:基本的な志望動機の書き方を守る】

志望動機の欄は履歴書の中でも特に大きく取られています。ですので、志望動機を書く時は必ず8割以上を文章で埋めるようにしましょう。また、助詞や助動詞の使い方や、段落の使い方なども間違えないように注意することが大切です。一度文章を考えたら、他の方に読んでもらい文章に違和感がないか、間違いがないかを確認してもらいましょう。

 

【③:マイナスな情報や当たり前の事は書かないこと】

こちらも当たり前ですが、マイナスイメージや『子供が好き』といった当たり前のことを書くのはNGです。子供を好きなことは大前提になっているので、志望動機としては不十分になりますし、給与のことなどマイナスイメージに取られやすいので書かないようにしましょう。必ず自分のアピール出来ることや、保育園で働きたいという理由を明記することが大切です。

保育園の志望動機の例文を紹介!

ここまで志望動機の書き方について紹介しましたが、実際の例文を見てもらうことでイメージしやすくなります。当然このまま書かずに自分の文章にするために、加筆していくことが大切ですがまずは例文を見て、志望動機がどんな文章にするのかを知っておきましょう。

 

【例文①】

私は貴園からとても近い場所に住んでいるのですが、時折聞こえてくる子供達の明るい笑い声と、保育士の優しい笑顔を見ると私まで笑顔になっていました。貴園の「子供の気持ちに寄り添う」という理念は、まさに私が目標としている保育士像に近くなりましたので、是非働かせて頂きたいと思い志望させて頂きました。貴園に勤めておられる保育士の方が実践されているからこそ、子供達がいつも笑顔でのびのびと活動していると感じ、私も子供の気持ちに寄り添い子供の思いを共感出来る保育士になりたいと思っております。

 

【例文②】

私は3歳から始めたピアノが特技で、弾き語りも得意です。貴園の教育方針で音楽から感受性の豊かさを養うという内容を拝見し、是非働かせて頂きたいと思いました。以前働いていた保育園では1歳と5歳の担任を持たせて頂きましたが、年齢に合わせた歌やダンスを一緒に踊ることで、子供との距離を縮めることが出来、歌を歌うなら先生と一緒が良いと子供から指名されることも多くありました。音楽に力を入れられている貴園だからこそ、自分の特技を活かし、楽しく音楽に取り組みながら子供が成長出来る保育を行いたいと思っております。

 

【例文③】

以前は接客業で5年間働かせて頂いておりましたが、お客様は家族連れが多く子供との会話を笑顔でやり取りしている内に、保育士として働きたいという思いが強くなりました。前職で培ったコミュニケーション能力を活かし、子供だけでなく保護者の気持ちにも寄り添うことが出来ます。子供を預かる保育士だからこそ、保護者の目線にも立って、子供の健やかな成長をサポートしてきたいと思い志望させて頂きました。

まとめ

保育士に転職するとなると必ず必要になる履歴書の志望動機。志望動機に注目している保育園は多く、内容が薄くまとまりのない文章であったり、マイナスな印象になる文章であると面接試験にまで行くことが出来ない場合もあります。必ず、なぜ自分がこの保育園で働きたいかという理由を、経験や保育園の理念に合わせて書いていくようにしましょう。

志望動機を書く時には、周りの方に出来上がった文章を読んでもらったり、今は転職サイトではアドバイザーが志望動機の文章を見てくれるサービスがあるのでそちらを利用するのもおすすめです。

働きたいと思った保育園には、必ずその保育園にしかない魅力があります。それを明確にして志望動機の文章として保育園に伝えることで、採用への道がぐっと近くなるでしょう。